離乳食を始める前に知っておきたい食べ物のリスク

一般的に離乳食を始める月齢は5、6ヶ月と言われています。ニキビ 化粧水

しかし、赤ちゃんの発達はそれぞれ違うので、赤ちゃんの様子を見ながら始めるといいでしょう。

もしわからないことがありましたら離乳食の野菜ご一報を!目安は、首がすわっていて、食べ物に興味があるかどうかです。

スプーンを口に入れるのに抵抗がある子も多いので、ゆっくりあせらず離乳食にとりかかります。

そして、離乳食を始める際、赤ちゃんが口にできない食べ物がある事を知っておきましょう。

はちみつは1歳未満の赤ちゃんは食べる事ができません。

もしお困りのことがあれば離乳食の進め方にお伝え下さい。

乳児ポツリヌス症にかかる危険性があるからです。

お探しにお困りであれば離乳食の初期にて補助します。

蜂蜜だけではなく、黒砂糖、コーンシロップ等あるそうなので、注意が必要です。

牛乳も1歳以上のお子さん向けの飲み物です。

1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未発達で、牛乳を飲むと腸から出血する可能性があり、腸に傷かついてしまうとアレルギーの原因になります。

卵は卵黄からはじめます。

卵白はアレルギーが出ることもあるので、初めに卵黄を食べさせ、様子を見ながら全卵の卵を与えていきます。

フルーツは甘くておいしいので、フルーツ大好きな赤ちゃんも多いです。

しかし、中にはアレルギーが心配されるフルーツもあるので、様子を見ながら与えていきましょう。

りんごやバナナやキウイ等、アレルギーが出やすい食物は、加熱するとアレルギーの可能性も減るので、加熱して少しずつ食べさせると安心です。

南国のフルーツは強いアレルギー症状を引き起こしやすいので、2歳以降の方がいいでしょう。

アレルギーを引き起こしやすい食材はその他も色々ありますので、赤ちゃんに食べさせる前に必ず調べておいた方がいいです。

どの食材にしても、しっかり加熱し、様子を見ながらゆっくりと与えていく事が大切です。

Link

Copyright © 1996 www.erfurtmusictherapy.com All Rights Reserved.